織り方の種類も豊富!オーガニックコットン生地の特徴を学ぼう

オーガニックコットン生地の織り方は様々!丁寧に扱いその魅力を知る

オーガニックコットン生地で知っておくべきこと

オーガニックコットン生地には、様々な織り方があります。この織り方によってそれぞれ違いがあるので、どんな違いがあるのかを知っておいて下さい。また、オーガニックコットン生地を扱う上で知っておくべき点も把握しておきましょう。

オーガニックコットンの織り方5選

生地
no.1

天笠

Tシャツの生地として一般的とされているのが天笠です。この天笠は、数ある織り方の中でも一番薄く編める方法となります。また、伸縮性に優れておりサラッとした肌触りが特徴的といえるでしょう。サラッとした肌触りから春夏シーズンに活躍するTシャツに適しています。

no.2

スムース

少し厚みがある質感だったり伸びすぎず縮みすぎなかったりという伸縮性がスムースの特徴といえます。さらに、保湿性がよくパジャマや子供服に使われることが多い織り方になるでしょう。なめらかな感触から肌着に使われることもあります。

no.3

フライス

オーガニックコットンの織り方の1つに挙げられるフライスもスタンダードな織り方といえるでしょう。フライスは、通気性や吸湿性、伸縮性どれをとっても優れているのです。なので、幅広い服に取り込まれている織り方になります。また、フライスは季節を問わずにオールシーズン使えるということも特徴に挙げられます。

no.4

鹿の子

規則正しく網目のデコボコで作られているのが、鹿の子の織り方の特徴となります。また、この鹿の子は通気性に優れており、暑い夏に適した織り方といえるでしょう。他にも、鹿の子の多くがポロシャツに使われていることが特徴の1つに挙げられます。

no.5

パイル

高い吸湿性と保湿性に優れているのがパイルです。このような優れた面を持ち合わせていることから、夏は涼しく快適で冬には暖かいという一年中使い続けられるという魅力に溢れた織り方になります。

織り方の種類も豊富!オーガニックコットン生地の特徴を学ぼう

針

様々なところで使われているオーガニックコットン生地

オーガニックコットン生地は、様々な織り方もできることから多種多様なものに使われています。それは、Tシャツやトレーナーなどといったものだけではなく、肌着やベビー服にまで使用されているのです。肌に優しいものだからこそ、このように幅広く使われているのでこの生地の服を購入したときは丁寧にお手入れをして、長く使っていきましょう。

布

オーガニックコットン生地の洗濯

オーガニックコットン生地の服などを洗濯する際には、注意が必要となるのです。その注意点に挙げられるのが、他の生地縫製よりも耐久性が低い場合があることになります。ですから、洗濯ネットなどに入れて洗濯するようにして下さい。

ミシン

乾燥や干す時にも気を付けて

出来るだけ直射日光は避けて干すことが必須となります。また、タンブラー乾燥も避けるようにしましょう。そうすれば、色褪せや色移りを防ぐことが可能になります。さらに、干す際はシワを伸ばすようにしながら干すと良いです。

広告募集中